心臓弁膜症とは

心臓弁膜症

臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう)は、心臓にある4つの弁のうちのひとつまたは2つ以上が機能障碍を起こす疾患の総称である。
弁膜性心疾患と呼ぶ場合もある。

ヒトの心臓は内部が4つの部屋(心房・心室)に分かれている。
各部屋の出口には膜でできた弁があり、血液の逆流を防いでいる。
この弁が何らかの原因によって硬化もしくは破損すると、血液の通過障害や逆流が起きる。
これが心臓弁膜症である。
心臓には4つの弁があり、障害される弁によって出現する症状が異なる。

原因/疾患

心筋梗塞
リウマチ熱
動脈硬化
先天奇形


大動脈弁狭窄症
左心室から大動脈へ血液を流す大動脈弁が狭まった病気。
大動脈弁閉鎖不全症
大動脈弁が締まり切らない病気
肺動脈弁狭窄症
肺動脈弁が狭まった病気
三尖弁狭窄症
右心房から右心室へ血液を流す三尖弁の閉鎖不全により血液が逆流する病気。
僧帽弁狭窄症
左心房から左心室へ血液を流す僧帽弁が狭まった病気

内科的治療

症状
むくみ/息切れ/呼吸困難/動悸/不整脈/胸痛

心筋の収縮力を増強させる強心剤、血液の量を減らして心負担を軽くする利尿剤、血液の流れをよくする血管拡張剤などを投与して、症状を緩和したり、進行を抑制させます。
ただし、悪くなった弁機能が投薬によって治るということはありません。

更新情報

2014.3.1 循環器ホームページを公開しました

▲ページトップに戻る


Copyright (C) 2014 Miyamur-junkanki clinic All Rights Reserved.